「いつでも、目指すのは完璧」

チャーリー・ホランド(Charlie Holland)

醸造家 

自然への深い敬意、妥協なき品質主義、ディテールへの飽くなきこだわり。

ブドウの栽培からワインの熟成まで一貫して、私たちの根幹は変わりません。

ブドウは栽培チームが手摘みで収穫、すべての房は畑で選別され、最も状態の良い高品質なブドウだけがワイナリーに運ばれます。ブドウは全房のまま優しくプレスし、最上の果汁のみを温度管理されたステンレスタンクとオーク樽で発酵。ベースワインはロット毎に厳密に分けて管理することで、各ワインに理想的なブレンドを生み出すことが可能になります。

ワイン造りは、ゆっくりと時間をかけて行う、精密で慎重なプロセスです。高い品質基準を保つため、自ら厳格な数値目標を課し、最初から最後まで介入を限りなく最小限に抑える。そうすることで、最高の表情と表現をワインから引き出していきます。

瓶詰め後、澱と共にゆっくり寝かせることで、ワインは時間をかけて深みを増していきます。さらに、デゴルジュマン(澱引き)の後もコルク熟成を経て、一層の複雑味を帯びます。ワインが自らを完璧に表現しきるまで、私たちはひたすら待つのです。

ヘッド・ワインメーカーのチャーリー・ホランドは、国際的に最も高い評価を受けたスパークリングワインを送り出してきました。ガズボーンでのワイン造りで、IWSC(International Wine & Spirit Challenge)の English Wine Producer of the Year を3度受賞した唯一の醸造家です。

Back to Japanese langage homepage
Share