ワイン造りに使用するブドウは全て、ケントに60ha、ウェスト・サセックスに30haあるガスボーンの畑で育てたものです。シャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエの、三つの品種を栽培しています。

最高のワインを造るというビジョンのもと、私たちが選ぶのは主にブルゴーニュ・クローンです。

ブルゴーニュ・クローンではブドウの収穫量は少なくなりますが、果実の熟度は高まり、風味も格段に豊かになります。まさに、上質なスパークリングワインを造るのに理想的なブドウとなるのです。

Back to Japanese langage homepage
Share